克服してきた、体質の数々

プロフィールにも書いてありますが、
こう見えて、私の幼少期は、病弱で、ちょっと冷たい風に当たると熱を出して下がらないとか
咳をし始めたら喘息発症して1ヶ月近く治らないのは当たり前
夜間救急には運び込まれるといった
そんな生活を送っていました。

が、子供を4人も産めた今、病弱などと言っても信ぴょう性がないのと
見た目や性格、行動力がスゴイなどのことから、
誰も信じなくなりました(笑)

が、最初から行動力があったわけではなくて、
こんな生き方は嫌だ!と心に決めたから今があるわけなんですね

今回はその話ではないのですが(笑)

(覚えていたら書くかも知れませんが、聴きたい事をリクエスト頂けると忘れずに済むので助かります!)

さて、今日のテーマは、
「(親から引き継いだ)体質は克服できるのか、出来ないのか?」
です。

親の体質って受け継ぎますよね。
でも、これも自分の思い込み、世界をどのように見ているのか?という
価値観(定義)を変える事によって無くす事が出来ています

例えば、私の場合は、母が便秘症で、30代から白髪がひどく、肥満がありました。

が、今の私は、便秘は子供のころに克服していて(こうでなければならないという固執した思い込みによる体に力を入れまくった生き方が原因だったと今では分析出来ます)

白髪も、45歳のいまだにありませんが、これも考えても仕方のない事を無駄に考える事で頭の皮膚が力んでいたんだなとか、栄養素の問題とか、その他色々と勉強してきて、理由は浮かびます。

肥満に関しても、母の中には、メディアで作られた
25歳を過ぎると太る、とか
ダイエットしないと大変
とかいう刷り込みが入っていた(今でも入っている)のは否めません

私はむしろ太れない体質になっており
毎日、自分の人生が楽しすぎて、やりたいことがありすぎて
確か2日前、夜ごはんを食べ忘れて気付いたら朝になっていました💦
なので翌日取り返しましたが(笑)

食欲的には、全く食べなくても大丈夫なのですが
良く動くせいなのか、筋肉が落ちてしまうので、44歳を過ぎた頃から
意識して食べるように気を付けています

若いころは、全く食べなくても体は持ちましたね(笑)

いずれにしろ、ダイエットというのは
肉体という小宇宙のこと
経絡(けいらく)のことなどを学んで理解しているのは

自然の摂理から外れたものを食べているとか
不必要に固執した感情を持っているなどで、
肉体上にある経絡(けいらく)が詰まるという事実は、ツボの測定値からも読み取れますので

現代社会には、意図してある経絡が詰まるような生活に
誘導されていることは分かります。

そこに気付かずにダイエットを目的にしてしまうと
脂肪を悪者にして、さらに肉体のバランスを崩していく傾向があることは否めません。

体さんには、脂肪をため込まなければならない理由があるのですから。
そこを調和することで

自然に今までと生活を変えずに、脂肪をため込まない体に成ればよいのです。

それはともかく、
現在、母が持っていた便秘症、白髪、肥満については
「無い」というのが事実。

が、ひざ下が膝上に比べると、バランス的に太いという体質があり、遺伝だと思っていたのですが
これも、なんとなんと、

1日半

ある日突然克服しました。

お陰様で、足首がカリカリに細くないと似合わないファッションに
突如トライ出来るようになって、楽しいです(笑)

人は、今の現状を「自分で」選んできたと思っているかもしれませんが

かなりの部分が、ご縁や導きによるものだと、私は感じています。

人とのご縁って、人は繋げないからです。

どうしてこの人と出逢えたのか分からない
なぜこのタイミングで、これに出逢えたのか分からないが
必要なものがやってきたということは多々あります

でも、高い次元での自分は知っていて
ベストなタイミングで、情報や、人に、めぐり合わせてくれていると
思うのです😊
さらに高い次元の自分が、神、などと呼んでいるものかもしれませんね。

そんなタイミングで、このひざ下の太さ、むくみが主な原因なんですが
エステのツボ測定をしても(ツボとは体の電位差で測定します)
バランスは良い状態を維持していたのですが、

施術後の日常で、むくみを完璧に「常に」制御する状態には、まだなってなかったんですね。

それが、たったの1日半で克服できるタイミングが、今、やってきたのも
ご縁だなと思います。

また、この方法も、痩せたい方や、未病のうちにデトックスしたい方等と
シェアしていきたいと思います💖

心を決めれば、顔も体も自由自在!

興味のある方はセッション時などにお声掛け下さいね。

または、下記よりご連絡もお待ちしています♪
http://sei.sunnyday.jp/contactus/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。